年長の息子がカニを食べてからの蕁麻疹が治らない…と

かかりつけを受診し、各種、血液検査をした。

アレルギー検査に肝機能検査、炎症反応検査。

月曜日。ステロイドを内服することになった。

「2回という短期服用なら副作用はないです」と薬剤師さんに言われた、

つまり、長期服用なら、副作用がでる量なんですね…。

発疹がおさまれば、2日後受診。

発疹がおさまらなければ、翌日受診と言われ、

発疹、おさまりませんでした~。

息子の発疹は蕁麻疹かと最初は思っていたけれど、

蕁麻疹のように島ができるわけでもなく、ひくこともない。

水ぼうそうのように水を含んでいることもない。

(私のように必死でなんの発疹かと調べる人の参考になれば、

と息子の画像を添付します、苦手な人はスルーしてください)

肝機能の結果は正常値だった。

この発疹から導き出されるのは”ジアノッティ病”だったらしい。

ジアノッティ病とは肝炎ウイルスにより発疹が表れるので、

肝機能が落ちていれば確定でしたが、肝機能は正常なので、

息子の診断は”ジアノッティ症候群”。

肝炎ウイルスではないけれど、

なんらかのウイルス感染によるものとか。

ステロイドの塗り薬と抗ヒスタミン薬が処方された。

2日くらいで発疹は消えるらしい。

途中で発熱したり、2日経過して発疹が消えない場合は再受診。

これで再受診することになったら、週3日の通院。。。

病名にはかなり詳しくなったつもりだったけれど、

こどもたちのおかげで、次から次へと勉強させられるわ~。

ウイルス性なので抗生物質は効かず、

日にち薬のようです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村